1866-a1

 雨がしとしと

 しばらくしかたがないか